簿記検定の種類を知りたい

簿記検定の種類を知りたい

経理の仕事を目指す人にはもちろんのこと、「経営のしくみ」を知りたいみなさんにもお薦めの簿記。でもこの簿記検定は、3つの種類があり、それぞれの機関が別々に運営しています。

「さあこれから簿記の勉強をしよう」と意欲も満々なのに…。
ここで迷っている時間はありません!スッキリ整理してみましょう。

簿記の検定機関は、

  • 日商簿記(日本商工会議所)
  • 全経簿記(全国経理学校協会)
  • 全商簿記(全国商業高等学校協会) の3つです。

3種類の中では「日商簿記」が1番有名なのではないでしょうか。試験団体が商工会議所ということから、社会人の受験者が多いことでも定評があります。

「全経簿記」は、全国経理学校協会が運営している関係で、学生の受験者が比較的多いようです。そして商業高校で受験できるのが「全商簿記」です。

企業への就職・転職の応募資格として挙げられる簿記は、一般には「日商簿記」のことです。求人サイトの経理募集をいくつかご覧いただければわかります、応募資格として「日商簿記3級以上取得者」「日商簿記2級以上取得者」などの表記が目だってみられます。

経理希望の方にかぎらず、ビジネス一般に簿記の知識を役立てたい方は、ここはあまり迷わずに「日商簿記」を受けることをお薦めします。

日商簿記3級以上のスキルは欲しいところ!

さてこの「日商簿記」ですが、4級~1級まであって、「商業簿記」が各級一貫した科目になっています(もちろん内容の難易度は級により異なります)。

4級は複式簿記や勘定科目といった、基礎的な項目の理解度をチェックする検定です。
そして3級では、損益決算書や、賃借対照表などの財務諸表を作成できるレベルに達します。つまり3級から、サラリーマンには欠かせない、「財務諸表を読み解く力」とリンクしてきます。

各級の比較は後のページに譲りますが、ここではひとまず「日商簿記の3級以上は十分実社会で通用する」と覚えておきましょう。

講義DVDで簿記の体系を効率よく学習できます!→ http://boki-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>